広告デザイン

【作品事例】チラシのサイズやカタチをどうやって決めるのか?

更新日:

こんにちは、井川貴子です。

広告って必要な人に必要な情報を届ける手紙
そう改めて感じました。

本日ご紹介するのは
これからの時代の葬儀の常識
をモットーに東毛地区で展開している
「太田市民葬祭」様のチラシ。

葬儀を仕切ったことのないので
葬儀について知識がない私…
「その様式って何?それって何の価格?」
何度も何度も質問しました。

そして担当の方は
「市民葬祭が、お知らせしたいこと!」
その内容を、じっくり丁寧に、
知識のない私にレクチャーしてくれました。

現在の葬儀の状況も
メリット&デメリットも
包み隠さずありのままをね!

私がチラシの制作過程で
感じたことは
この情報を沢山の方にお知らせしたい!
という強い思いです^^

目次

1.(株)太田市民葬祭様 A3二つ折りチラシ

どんなお客様へ届けたいか?

「私たちは普段の生活の中でモノを購入するとき
比較検討することがほとんどなのに
葬儀は比較検討しないんですよ」

そう語るのは太田市民葬祭、みどり市桐生市民葬祭
代表の中山社長。

「葬儀を経験した方なら
わかると思いますが、いまだに葬儀は
オプションの追加や仕組みで
最終的には高額になってゆくのが理不尽」

そうも言っていました。

いままでの葬儀に疑問を感じている人も
これから葬儀に備えたい方もチラシをみて
一度ご相談してほしいということでした。

広告サイズはどうやって決めたのか?

良く広告のサイズを決める際に
どのサイズが最適か?必ず質問されます。

用途に応じてサイズを決めます。
・直接会った方に配り持ち帰りしてもらうのか?
・飲食店等のレジ横に置いておらうのか?
・イベント等や会合で配布するのか?
お客様が受け取りやすいサイズや形を考えます。

市民葬祭様の場合には
地域のお知らせするポスティング用にはA3サイズを
イザという時の備えとして
とっておいていたけるようなカタチとしました。

チラシ掲載内容を決めるときのポイント

どんな人に、この商品はどんな良いコトが
お届けできるのか?
それがどうやったら、ちゃんと伝わるのか?

これにつきます。

市民葬祭様は、高額オプション一切なし
見積後の追加料金は一切なし
といった安心な定額制でありながら
価格以上のセレモニーが行えます。

でも、それを見た方は
「それってほんとかしら?」
と色々な広告をみたりCMをみて
目の肥えた私たちは思うわけです。

その疑問や不安をお伝えできるのも
こういったチラシのカタチの宣伝方法!

プラス!

やはり、なんのためにこの仕事を
したのか?この理念の部分も大事なんですよね。

太田市民葬祭のHPはこちら
桐生市民葬祭のHPはこちら

~~~~~~~~~~~

・ゼロから起業でも
・複業からでも
・PC初心者でも

数秘の運勢を味方にして
パートナーシップを変えながら
起業スタートできるノウハウや仕組みを
手に入れたい方はこちら⇒

登録特典をプレゼント♪

~起業スタートに不安を感じたら
7つのポイントで運勢周期をチェック~

・自分はどの広告を使えばいいかわかりました。
・初心者の自分でも起業できる自信が湧いてきました。
・SNSだけを頑張らなくてもいいと楽になりました。
・性質タイプ別の発信方法は気持ちが楽です。
・タイミングって大切なんだと思いました。

などの感想をいただいています^^

アーチデザイン【群馬・桐生】
広告 宣伝 印刷で集客・売上をサポート
井川貴子(いがわたかこ)

-広告デザイン

Copyright© デザインで集客・売上をサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.